読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀座国際美容外科(旧スノーヴァギンザメディカルクリニック)

銀座2丁目の美容外科皮膚科クリニック 鼻・目の下・輪郭の若返りの匠

リフトアップでマイナス10歳へ プチ整形で若返る|まずはカウセリングにお越しください!銀座のSNOVAGINZAメディカルclinic

  目次

顔の若返り

プチ整形で若返りとして、この章では顔の若返りとして、輪郭・顎・たるみにフォーカスしていきます。やはり一番外に出ているお顔のお悩みが若返りでは多い様に感じます。

 

まずは、バッカルファットで顔痩せ 

http://ameblo.jp/murai-sbc/entry-12195116742.html 

 

次にウルトラゼットを使って、メーラーファットを溶かしほうれい線を浅く、顔をシャープに

http://ameblo.jp/murai-sbc/entry-12185245179.html 

 

ボトックス注射で小顔。エラ治療

http://ameblo.jp/murai-sbc/entry-12083821432.html 

 

ヒアルロン酸注入、顎の形成

http://ameblo.jp/murai-sbc/entry-12073895382.html 

顔のリフトアップ

アンチエイジング。永遠のテーマの中でプチ整形で若返る事に焦点を当ててます。今回はフェイスリフトのご質問への回答です。

 

Question

口コミサイトなどでも糸のリフトって、すぐに戻る、ツレて痛い、思ったほど効果を感じないと言われていますが、先生のモニターがかなり引き上がっていて興味を持ちました。他の先生との違いや工夫などを教えてくれませんか?

 

→ 

ameblo.jp

 

 

Question

ほうれい線を浅くしたいので、ヒアルロン酸を注入する。という図式は誰でも分かりやすい説明なのですが、ほうれい線が年齢とともにどんどん深く凹んでいくというのが加齢現象と思われては語弊がございます。つまり、年齢とともにほうれい線が深くなる原因は皮膚のたるみ、、そして、今回のメーラーファットとというホホの脂肪組織が下垂してくるのも大きな要因なのです。ではそのメーラーファットを退治することって出来るの??

 

→ 

ameblo.jp

 

Question 巷に溢れている糸のリフトで効果が高いと謳っていたリフトを受けたのですが、不満足です。 ほうれい線が浅くなりませんでした。そこを治療してほしいと伝えたのですが、、、 村井先生は糸のリフトのおすすめなどございませんか?よろしくお願いします。

→ 

ameblo.jp

 

切らない目の下のたるみ取り

プチ整形で若返りのテーマですが、この章では切らない目の下のたるみ取りをご紹介したいと思います。目の下のたるみ取りとは、 自己の再生能力を最大限引きだし、目の下の皮膚、筋肉、血管の再構築による若返り、美しい瞳をかなえる手助けをします 目の下のくまに悩んでいらっしゃる女性にお会いして「最近疲れているから」「よく眠れていないから」と耳にします。実際、目の下の悩みを持っている方は多いのですが、その目の下のくま、たるみはリラックスしても、沢山睡眠をとっても、どんなに高級な美容クリームなどを使ったとしても著しい改善をみることは難しいものです。 だからといって「美容外科で手術を受けるなんて・・・」と皆様考えるものです。効果的なマッサージや目の下の血流を良くする食べ物、サプリメント、エステ・・・勿論、解決手段には至らないものです。そういう考えをもたれる方はきっと美容外科をメスを使う、大変な思いをする場所と捉えていらっしゃることがあります。つまり、美容外科とはハイリスク、ハイリターンで整形臭が付くと思っていらっしゃるようです。 私の考える目の下の治療は決して外科手術という強い恐怖感やとんでもないところに足を踏み入れるというイメージのものではございません。16年目になる今の私の考えでは、目の下の治療は誰にでも薦めたい、自分の家族にも受けてもらいたい、世界中の目の下の悩みを持たれている方々の役に立ちたい・・・そんな治療です。 「なんで、そんなことを言えるの?」 今までの美容外科、いわば外科手術というのは手術によって、メスによって、積極的に治療者側のエゴのような変化を押し付けるものだったかもしれません。 治療する側の人間が変化を与えるっていうのは、やっぱり自分じゃない何か別のものになってしまうという後ろめたさというか、何か周りの方々からどう思われるのか不安を抱えながら治療を受けることを強要されるというか、押しつけがましいものだったのでしょう。 そこで “私の考え” では、本来人間というものは自己を回復させる能力、いわば再生する能力を兼ね備えているものです。再生する方向にアクセルを踏み、ブレーキとなっている事象を取り除けば、目的の地へとたどり着くことができるわけです。私はこの再生する能力のアクセルとブレーキを最小限の負担の中でなし終えることが出来て、もともとの自己に備わる再生しようとする皮膚の力を最大限に引き出してあげることが自分の仕事だと認識しています。つまり、最小限の負担とお悩みを持たれている方は自分の再生力を使うわけですから、整形ではないと思うのです。自分の力で治る手助けを私はするだけです。整形なんかではないと思います。 「今まで美容クリニックに何軒もカウンセリングに行きました。美容外科の権威ともいえる方から『たるみは切るしかない』『脂肪を取るとたるむ』『脂肪を取って、その下にある靭帯を剥離して骨膜に縫い付ける』『脂肪注入して皮膚を強くしないとたるみや凹凸が目立つ』と言われました」 このようなことをおっしゃるお客様は多く、もちろんその方々の目の下の悩みは深く、前出の権威のドクターに言われると一種過激な治療であっても、ハイリスク、ハイリターンだと体の負担も大きく治療の経過も辛いことがあろうとも、苦しいその治療を受けることを決断するのでしょう。綺麗になるためなら、どんな苦労も厭わないという方もいるでしょう。 けれど、本当の気持ちは不安があるでしょうし、綺麗になることが最小限の負担で出来て、周りの友達や親しいパートナーとの大切な約束やご予定に影響せず、痛みもほとんどなく、腫れもほとんどなく、顔にも傷が残らない、綺麗になったけど、誰にも何をしたのか分かられることがない。そんな夢見事のようなことを実現するために手術症例を重ねてきましたし、実際夢ではなく、現実になったと思います。 つまり、自己の再生する能力を最大限発揮するアクセルとそれに対抗するブレーキをどうやったら外せるのかが分かったということです。

プチ整形術で若返り(アンチエイジング

アンチエイジング。これは女性にとっても男性にとっても最大のテーマかも知れません。 実際にプチ整形とは、高須クリニックでお馴染みの高須院長がプチ整形の分野をヒアルロン酸注入をご自身に行った事から始まったと言われております。 また、若返りとは:※WIKI参照 若くなるための行為を指す。アンチエイジングが抗老化医学と言われ、老化を防ぐために行う行為の総称に対して、若返りは生活様式の改善、思考の変革により若返りを意図し、工夫することで加齢ではなく減齢することにある。 とあります。プチ整形で若返りを目指す。色々な方法があり、様々な術式があります。今回はプチということですので、代表的なものをいくつかご紹介しければと思います。特に当院は目の下のたるみ取りでは日本でも第一人者という気持ちがありますので、是非お試しして頂ければと思います。

若返り(アンチエイジング)の匠

当院の村井はお蔭さまで若返りの匠と言って頂く事が多くなってきました。アンチエイジング(若返り)というテーマから目をそらさずに、個別の症例に真摯に向き合わせて頂いております。プチ整形の分野に限らず、数々の分野で若返りの匠とこれかも言って頂ける用に、日々精進して参ります。今後とも何卒宜しくお願い致します。 当院では、お客様のこれからの人生がより明るく、前向きに、自信を持って幸せに過ごせて頂ける事が何よりの喜びです。どんな些細なお悩みでも、親身になってくれる先生、スタッフが居ますので、何なりとお問合せ下さい。                                                

 

お問合せはコチラから → http://snova-ginza.com/contact-us/                                                                      

 

スノーヴァギンザメディカルクリニック → 

snova-ginza.com

                                                         

 

住所 東京都中央区銀座2-8-19 銀座aビル4F                                                                                

 

TEL 03-5579-9333