銀座国際美容外科(旧スノーヴァギンザメディカルクリニック)

銀座2丁目の美容外科皮膚科クリニック 鼻・目の下・輪郭の若返りの匠

中央区の目の下のたるみ取りの匠_今ならお得なモニター募集中_銀座国際美容外科(旧SNOVAGINZAmedicalclinic(スノーヴァギンザメディカルクリニック)

目次

眼の下のたるみ(クマ)のモニターなら

最近では眼の下のたるみ(クマ)取りのお問い合わせが急増しています。眼の下のたるみ(クマ)取りのモニターを銀座院・池袋院で募集させて頂いているのもありますが、海外からのお問い合わせやご紹介での問い合わせを多数頂いております。誠に有難うございます。 当院の人気メニューでもある眼の下のたるみ(クマ)取りは、モニターの方は勿論、当院スタッフが全員行っておりますので、ご来院頂くとわかり易いのと、モニター様からも言われますが実際に体験すると、その後に眼の下のたるみ(クマ)取りなら銀座国際美容外科(旧スノーヴァギンザメディカルクリニック)と自信をもってご紹介できるとの事です。当院のスタッフも眼の下のたるみ(クマ)取りはモニターの方同様、自信をもってご案内させて頂ける施術となっています。眼の下のたるみ(クマ)取りのモニターは随時募集しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

⇒ 銀座国際美容外科 銀座院 http://snova-ginza.com/contact-us/ 

⇒ 銀座国際美容外科 池袋院 

r.goope.jp

 

 

参考) 眼の下のたるみとは、俗に目の隈といい(めのくま、英称:Periorbital dark circles)とは、目(眼窩)の下にできることがある黒ずんだ部分である。遺伝とあざを含む多くの原因がある そして、モニターとはなんらかの製品・サービスの妥当性を確認する試験やその試験を行う人のこと。ミステリーショッピングなど

眼の下のたるみ(クマ)取りの名医

眼の下のたるみ(クマ)取りの名医が在籍するクリニックと当院が言って頂き誠に恐縮です。眼の下のたるみ(クマ)取りでは、目頭切開のキーワードで海外からの検索も多く、モニターの問い合わせも多い人気メニューです。モニター様からも当院の村井への高評価を多数頂戴しています。特に切らない眼の下のたるみ取りに定評があり、ご自身の再生能力を最大限に引き出す施術を行っています。スタッフも女性だけですので、安心して眼の下のたるみ取りのモニターやご相談にいらして頂く事が可能です。

眼の下のたるみ(クマ)取り切らない施術

切らない眼の下のたるみ(クマ)取りとは、 自己の再生能力を最大限引きだし、目の下の皮膚、筋肉、血管の再構築による若返り、美しい瞳をかなえる手助けをします 目の下のくまに悩んでいらっしゃる女性にお会いして「最近疲れているから」「よく眠れていないから」と耳にします。実際、目の下の悩みを持っている方は多いのですが、その目の下のくま、たるみはリラックスしても、沢山睡眠をとっても、どんなに高級な美容クリームなどを使ったとしても著しい改善をみることは難しいものです。 だからといって「美容外科で手術を受けるなんて・・・」と皆様考えるものです。効果的なマッサージや目の下の血流を良くする食べ物、サプリメント、エステ・・・勿論、解決手段には至らないものです。そういう考えをもたれる方はきっと美容外科をメスを使う、大変な思いをする場所と捉えていらっしゃることがあります。つまり、美容外科とはハイリスク、ハイリターンで整形臭が付くと思っていらっしゃるようです。 私の考える目の下の治療は決して外科手術という強い恐怖感やとんでもないところに足を踏み入れるというイメージのものではございません。16年目になる今の私の考えでは、目の下の治療は誰にでも薦めたい、自分の家族にも受けてもらいたい、世界中の目の下の悩みを持たれている方々の役に立ちたい・・・そんな治療です。 「なんで、そんなことを言えるの?」 今までの美容外科、いわば外科手術というのは手術によって、メスによって、積極的に治療者側のエゴのような変化を押し付けるものだったかもしれません。 治療する側の人間が変化を与えるっていうのは、やっぱり自分じゃない何か別のものになってしまうという後ろめたさというか、何か周りの方々からどう思われるのか不安を抱えながら治療を受けることを強要されるというか、押しつけがましいものだったのでしょう。 そこで “私の考え” では、本来人間というものは自己を回復させる能力、いわば再生する能力を兼ね備えているものです。再生する方向にアクセルを踏み、ブレーキとなっている事象を取り除けば、目的の地へとたどり着くことができるわけです。私はこの再生する能力のアクセルとブレーキを最小限の負担の中でなし終えることが出来て、もともとの自己に備わる再生しようとする皮膚の力を最大限に引き出してあげることが自分の仕事だと認識しています。つまり、最小限の負担とお悩みを持たれている方は自分の再生力を使うわけですから、整形ではないと思うのです。自分の力で治る手助けを私はするだけです。整形なんかではないと思います。 「今まで美容クリニックに何軒もカウンセリングに行きました。美容外科の権威ともいえる方から『たるみは切るしかない』『脂肪を取るとたるむ』『脂肪を取って、その下にある靭帯を剥離して骨膜に縫い付ける』『脂肪注入して皮膚を強くしないとたるみや凹凸が目立つ』と言われました」 このようなことをおっしゃるお客様は多く、もちろんその方々の目の下の悩みは深く、前出の権威のドクターに言われると一種過激な治療であっても、ハイリスク、ハイリターンだと体の負担も大きく治療の経過も辛いことがあろうとも、苦しいその治療を受けることを決断するのでしょう。綺麗になるためなら、どんな苦労も厭わないという方もいるでしょう。 けれど、本当の気持ちは不安があるでしょうし、綺麗になることが最小限の負担で出来て、周りの友達や親しいパートナーとの大切な約束やご予定に影響せず、痛みもほとんどなく、腫れもほとんどなく、顔にも傷が残らない、綺麗になったけど、誰にも何をしたのか分かられることがない。そんな夢見事のようなことを実現するために手術症例を重ねてきましたし、実際夢ではなく、現実になったと思います。 つまり、自己の再生する能力を最大限発揮するアクセルとそれに対抗するブレーキをどうやったら外せるのかが分かったということです。 目の下のたるみ取りモニター随時募集中です!

 

⇒ 銀座国際美容外科 銀座院 http://snova-ginza.com/contact-us/ 

 

⇒ 銀座国際美容外科 池袋院 

r.goope.jp

 

眼の下のたるみ(クマ)取りの症例紹介

続いて、眼の下のたるみ(クマ)取りのモニターとしてご検討頂いている方、当院に眼の下のたるみでご相談を迷われている方もいらっしゃると思いますので、下記にいくつか当院の村井のブログから含めて症例のご紹介をさせて頂ければと思います。特に眼の下のたるみ取りのモニターをご検討中の方及びご来院をお考え頂いているお客様のご不安を少しでも払拭できれば幸いです。

症例1)腫れぼったいまぶたを綺麗に美しく!

ameblo.jp

 

症例2)二重の埋没法と目の下のくま治療の同時施術

ameblo.jp

 

症例3)グロスファクターを併用した目の下のたるみ取り

ameblo.jp

 

症例4)マンガでご紹介!目の下のたるみ取り

目の下のマンガ | スノーヴァ ギンザ メディカルクリニック

 

症例5)切らない目の下のたるみ取り

snova-ginza.com

 

眼の下のたるみ(クマ)取りで若返り

眼の下のたるみ(クマ)取りでお悩みの方はやはり老けて見えるという事が最大のお悩みと思います。色んなクリームやマッサージをためしてもよくならないというお話しもお聞きします。また手術は切るんじゃないの?とかご不安は事も沢山あると思います。眼の下のたるみを取るだけで随分印象が変わり、若返ります。是非、どんな悩みでも大丈夫ですので、お気軽に当院のカウンセリングにお越し下さいませ。 当院では、お客様のこれからの人生がより明るく、前向きに、自信を持って幸せに過ごせて頂ける事が何よりの喜びです。どんな些細なお悩みでも、親身になってくれる先生、スタッフが居ますので、何なりとお問合せ下さい。                                                

 

お問合せはコチラから → 

お問い合わせ | スノーヴァ ギンザ メディカルクリニック

                                                                      銀座国際美容外科 銀座院 

(旧スノーヴァギンザメディカルクリニック) → 

snova-ginza.com

                                                         住所 東京都中央区銀座2-8-19 銀座aビル4F                                                                                TEL 03-5579-9333